助成金を上手に活用する

男の人

助成金とは何か

会社が事業活動を展開するうえで活用したいものとして、助成金の制度があります。助成金とは厚生労働省が主管する、雇用保険料を財源とした一種の補助金です。助成金の対象となる事業活動としては、雇い入れ、教育訓練、職場環境改善、非正規労働者の正社員転換など様々なものがあり、支給要件にさえ該当すればどの事業所でも受給できるため、横浜市内をはじめ、助成金を活用して事業活動を展開している事業所は多くあります。助成金を活用する際に活用したい存在として社労士が挙げられます。社労士は社会保険、労働保険のスペシャリストで、企業に代わって助成金手続きを行うことができます。横浜市内にも助成金を得意とする社労士事務所が多くあり、横浜市内はじめ、神奈川県内の企業の助成金受給をサポートしています。

活用する上での注意点

社労士に助成金活用のサポートを受ける上での注意点としては、第一にどのような事業活動において助成金を活用したいか、社労士に明確に伝えるという事です。助成金はあくまでも事業活動にかかる費用の補助であるため、取り組みたい事業活動がはっきりしなければ、助成金制度を利用することが出来ないからです。第二は、労働者名簿、出勤簿、賃金台帳と言った帳簿類を整備しておくということです。これらの帳簿類は助成金申請において提出しなければならない可能性が高いからです。横浜市内で助成金を活用している会社の多くは、社労士を顧問として迎え入れ、給与計算など労務関連の業務を任せています。顧問社労士を置くことで、最新の助成金情報を入手することができるといったメリットが期待できます。