借金の残額を減らす

法律書

払ったお金を返してもらう

10年以上前から継続的に消費者金融を利用している人は、借金の残高を減らせる可能性があります。なぜかというと、過払い金が発生している可能性が高いからです。過払い金というのは、読んで字のごとく、余計に払い過ぎたお金のことです。最初に結んだ利用契約通りに借金の返済を続けてきているのなら、過払い金が発生する余地などないはずだと考える人が少なくありません。しかし、今から約10年前に、最高裁でグレーゾーン金利の有効性を否定する判決が下されました。その結果、それまでは、限りなくグレーだけれども一応有効とされていた金利が、法的な根拠に基づかずに支払われた過払い金として取り扱われるようになったのです。したがって、消費者金融と長く取引を続けており、過去に利息制限法の上限を超える利率でお金を借りていた人は、払い過ぎた金利を返してもらうことができます。その過払い金を元金に充当することで借金の残高を大幅に減らせる可能性がありますので、心当たりがある人は専門家に相談してみるとよいです。

期限があります

福岡に住んでいる人の中で、過去に高い金利で消費者金融からお金を借りていた経験を持つ人は、できるだけ早く弁護士や司法書士に相談してみるようにした方がよいです。福岡には、過払い金返還請求を得意としている弁護士や司法書士がたくさんいます。ですので、福岡在住の人が相談できる弁護士や司法書士を見つけ出せないという心配はまずありません。インターネットの検索窓に「過払い金請求」「福岡」と入力して検索をかければ、利用できる事務所のホームページがズラーッと表示されます。なぜ急ぐ必要があるのかというと、全ての過払い金返還請求権がもうじき時効にかかってしまうためです。過払い金返還請求権は一般債権の一種ですので、権利発生から10年で消滅時効にかかってしまいます。最高裁の判決が出てからもうじき丸10年経ちますので、過払い金が発生している可能性がある人は、今すぐ弁護士や司法書士に相談してみる必要があります。